貴子は娼婦で勝負だ

看板 Tokiwatakako
作者
時間
留言 0則留言,0人參與討論
推噓 0  ( 0推 0噓 0→ )
映画「地下鉄に乗って」 作家浅田次郎さんの同名人気小説を映画化した「地下鉄(メトロ)に乗って」(篠原 哲雄監督、来年秋公開)の製作発表が2日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われ、 堤真一(41)、岡本綾(22)、常盤貴子(33)、大沢たかお(37)らが 出席した。 地下鉄を題材に親子や男女の愛を時空を超えて描く感動作で、疎遠だった父(大沢) の真実を追う主人公・真次役の堤は「浅田先生から『主演男優賞を獲れ』と言われて (笑)。現場を生き生き楽しくしたい」と意欲十分。浅田さんは、「鉄道員」など 映画化された小説国内の賞レースをほぼ独占しただけに「私小説に近い〝デビュー作〞 で、大切な作品。おそらくアカデミー賞をほぼ全部門獲る」と自信満だ。 娼婦にふんする常盤は「女優ならば一度はやりたい役。楽しみが、空回りしない よう頑張ります」と話した。 東京メトロが、昭和2年の開業以来、初めて映画の製作に全面協力し、レトロな 車両も登場させる。音楽は人気音楽プロデューサーの小林武史さんが手掛ける。 クランクインは5日、アップは12月下旬の予定だ。 (金山容子) http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20051103/spon____hou_____004.shtml --
※ 發信站: 批踢踢實業坊(ptt.cc) ◆ From: 61.228.81.227

最新文章